HOME > クレカ特集 > 30代男性、初めてのANAカード

30代男性、初めてのANAカード

あなたは何故、今まで持っていなかった、クレジットカードを作ろうと思ったのですか?

クレジットカードを持つようになった理由は父親に「非常にお得だから」と入るように強く勧められたからです。
作ったカードはANAカードです。
私は、それまでカードは持たない主義でした。
カード破産という言葉も聞くし、実際カードで身を持ち崩している人を多く見かけたからです。
手元に現金がなくて見えないし、払っている感覚がないから、どんどん自分の限界を超えてお金を使ってしまうんだと思っていました。
そんな理由もあり、持たないようにしていたのですが、「持つように」と強く言われた時は正直反発しました。

カードを持つようになって考えは変わりましたか?

はい、カードを持って1年になるが、今では少々考えが変わってきています。
「打ち出の小づちではない、必要最低限の物を、必要な分だけ使う」というポリシーのもと使っていると、使いすぎるということはありませんでした。
それは、私のカードに対する誤った認識であったという結果に気が付いたのです。
買い物する度にマイルが貯まるし、Edyも付いているので、急にお金が必要となった時、Edy内にいくらか入っているようにしておけば出費リスクにも対応できます。
マイルについては家族で集めているので結構貯まってきており、年に何回かは国内旅行用の飛行機代に充てています。

カードを持って便利になったなと思う点を教えてください

便利になった点として、インターネットで注文する際、カード決済なら番号を打ち込むだけで、ネットでお買い物ができてしまうというのも非常に魅力に感じました。
持っていないときはネット注文なんてできなかったし、しようとも思いませんでしたが、これほど便利だったとは驚きです。
しかも普通に買いに行くより、割安の場合があり、これは完全に、カードで買い物した方が良いだろうと思いました。

逆にカードを持って悪くなった点はありますか?

悪くなった点ですが、特に思い当たる大きなものはありません。
ただ、万が一にも紛失してしまった時、は現金以上に怖いので、紛失してしまった時、すぐカードを止められるようにクレジットカード会社の電話番号を手帳に記載してあります。
また、目の前でお金をやりとりするのではないので、やはりどこかで「自分の金銭感覚は正常か?」と勘繰る時があるります。
カードでの利用額が多かった時は特にそう感じます。
クレジットカードは自己管理が大切だと思っています。

最速発行のクレカ

クレカ特集

クレカは即日発行できるのか?

体験談

運営者

〒301-0804
最速クレジットカード即日発行協会運営理事
債務整理被害者支援サークル代表

ページの上部へ